私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



地震のクモの巣の上で・・
さて、『東北関東大震災は人災なのか?』という疑問が残る記事(3月27日記録)
を前回は載せたが、視点を180度回転しよう。

そもそも自然界には大陸プレートというものが、地球上を覆っている。
tairiku
約20枚ものプレート構造になっているのが分かる。
日本はどこか?というと、図の左上にあり、北は北アメリカプレート、
西はユーラシアプレート、南はフィリピン海プレート、の上に日本が立っている。
東には太平洋プレートがある。
非常に複雑であるので、日本が地震国家といわれるのも、頷ける。

更に地震学について、調べると怖い事が解ってきた。
私の目にヒットしたのは、総産研のHPです。
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/nr20081010/nr20081010.html
こちらの研究チームは3年くらい前に、研究の成果によって「関東フラグメント」というプレートの断面を発見しています。

(以下文章抜粋)
首都圏直下の約40km-100kmの範囲に横たわっている厚さ約25km、幅約100kmの独立した岩盤ブロックの存在を突き止めました。これまでは、このブロックは南から沈み込んだフィリッピン海プレートの先端と解釈されていました。今回、地震波速度や微小地震分布、地震を起こす圧力のかかり具合などから、このブロックが太平洋プレートと同じ性質を持つことがわかりました。東から沈み込む太平洋プレートの破片が関東平野直下に横たわっていると解釈し、「関東フラグメント(Kanto fragment)」と名付けました。太平洋プレート上の海底には海嶺(かいれい)が多く存在し、それらが日本列島に沈み込んでいます。われわれは、約200~300万年前に大きな2つの海嶺(かいれい)が同時に沈み込もうとしたため、抵抗が大きくなり太平洋プレートの一部が破断したのではないかと推定しました。現在、関東フラグメントはフィリッピン海プレートと太平洋プレートに地下深くで挟み込まれています。
 われわれの提案した「関東フラグメント」は首都圏直下で頻発している深い地震の源にもなっています。関東平野でふだん感じる有感地震の大半は「地震の巣」といわれる特定の地震発生域から生じています。例えば、2005年夏に東京に震度5の揺れをもたらしたマグニチュード6の地震もその1つです。「地震の巣」はもとより、江戸直下で発生した1855 年安政江戸地震(マグニチュード7.0-7.3)もこの関東フラグメントが関係した地震であったと推定しています。プレート境界型地震は「海溝型地震」とも言われるように通常は海域で発生します。しかし、上述のように関東では陸域直下で発生することになります。また、3枚のプレートに加え、関東フラグメントを1枚余計に挟むことに よりプレートどうしの接触面が増え、 東北や伊豆以西などほかのプレート境界部分よりも地震が多く発生することになります。このような沈み込むプレートの断片化現象は世界のほかの地域にも存在する可能性があります。今回の発見は日本の密な地震観測網のおかげではないかと考えられます。
関東フラグメント
(1885年以降のプレート境界型地震の震源の分布と関東フラグメントとの関係。関東地域だけがプレート境界型 地震が陸域直下で発生することになります。)

 なお、われわれのモデルも1つの仮説です。地球科学ではモデルの検証は難しい問題です。地下数10kmの構造をじかにみることはできないので、現在の技術では実証することは基本的に不可能です。ただし、この新しいモデルでは、従来複雑な説明を要した現象が比較的すっきりと説明できます。地震発生の仕組みの解明と地震災害軽減に少しでも貢献できればと思います。
(文章抜粋以上)

上の図の緑の区域に「関東フラグメント」という、小さなプレートがあります。
この図で怖いのは、3月に起きた東北関東大震災の震源域を3年前のデータでほぼ示しているところです。
上の図で示すとブルーで囲われた区域になります。
実際に起こった地震データと照合しても見事に当てはまります。
まさに太平洋プレートとユーラシアプレートの境界で起こった地震で、現在活動中のプレートです。
そして、怖いのは、茶色の区域で示されたところで、これから起こるかもしれない?
大きな震源域を表していると想定した方が良さそうです・・・
図で言うと、神奈川県下、千葉県南部、愛知県田原市南部沖、三重県南部海岸沿などの地域です。
この地震で想定されるのは、『フィリピン海プレートとユーラシアプレートが活動した時』です。
いつ起こるか、分かりません。図に示された以外にも想定される大きな地震の震源域が広がっている模様です。
何年か後かもしれないですし、数十年先かも分かりません・・・。
十分に、国を上げて大地震の対策を考えて置いた方が良さそうです。

私も時限爆弾を抱えている地域に住んでいる、という事なのだ。













スポンサーサイト

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<悪徳勧誘電話 | 天の川のほとりで.. | 窓から林檎へ・・・>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。