私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



Y染色体の劣化
NHKスペシャルではシンクロするように、Y染色体の話題が出た。 
なんと、この染色体は劣化の一途を辿っているのだ。
ある研究者の話によると、Y染色体が、 
後500万年くらいで無くなってしまう計算なのだ。 
なんという事だろう・・・。 
同時に危惧されている事は、人の精子の劣化が進んでいる、
という事実だ。 
なんという事だろう・・・ 
 
女性が受け継ぐX染色体は、一つが傷が付いても、 
もう一つ同じX染色体があるので、修復する事が出来るが、
男性が受け継ぐY染色体は、一つしかないので、 
修復が出来ないのだ。現在ではその大きさが、 
X染色体よりも小さくあるのだ。 
なんと事ことだろう!・・・ 
尚、X染色体は、親同士の一つづつを受け継ぎ混ざり合うので、
X染色体で、血筋を遡る事は困難なのだ。
 
ところで、人間に近いとされるチンパンジーの精子は
人と比較にならないほど、とても元気なようだ。 
チンパンジーの群れの雄は複数の雌と交尾し、 
また雌もそうなのだ。 
なので、子孫を残す競争が激しく、その結果 
元気な精子が生き残り、受け継がれて来たらしい・・ 
人の夫婦関係はそうじゃないので、 
劣化してしまったのだろうか?・・・ 
 
別のケースとしては、ネズミの種類で、
既にY染色体が無くなってしまい、いわゆる突然変異の雌?だけで 
日本で生息し、生き延びている種があるという・・ 
 
これは、人類の未来の重要な課題だ。 
 

..2009/01/19(月) 01:56 No.2485

〔時間は逆流するのだが、本家にまだある“天の川交流界”に、
 私が年初めに記録したものを残して置きたく、こちらへ移します・・・〕
関連:ミトコンドリア・イブと染色体・アダム(1月2日記録)
スポンサーサイト

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<インフルエンザ課外授業 | 天の川のほとりで.. | 世界大恐慌の再来か?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 天の川のほとりで.. |