私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



男という、生きものについて。
女だから言えるのかもしれない。
自分の事は、良く分からないのが、本音。
だから、占いが流行るのだ。・・

男について、私がストレートに感じるのは、禍々しい存在である、
ということである。
戦争は男性主権の元で、大昔から繰り返されてきた。
また戦争のせいで、多くの命が絶え、文化が衰退した。

男性の秀でたところは、非常に研究熱心な所である。
女である私は、正直言うと飽きっぽい。
頼りになるのは、女性よりも力があるという事。
男たちはその力を正しく使いこなせているのだろうか?
答えは、NOだ。歴史が証明してる。
男性と女性の役割には明らかに違いがある。
家庭では、‘かかあ殿下’の方が上手く納まるものだ。

男性は元来、光の側だと勘違いしてるのではないかと思う。
人類の新時代が来るとすれば、
今まで影の側についていた女性が光の側に着くであろう・・。

私はあることに気が付いた。
例えば、女王蟻を中心に活動する蟻の世界には素晴らしい秩序がある。
人類も見習ってみてはどうか?と思う。



スポンサーサイト

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人間て・・ | 天の川のほとりで.. | 9・11を振り返って・・>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 天の川のほとりで.. |