私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



市長に直談判
さて、自身に起った「救急」のテーマでも伝えた事だが、
オチビちゃんが滑り台から落ちて怪我をした件だ。
口の中の傷は粘膜なので、医者の言うように傷が早く治ったが、
外側に出来た皮膚の深い傷は、なかなか治らず、
もしかすると大きくなっても跡が残るかもしれない・・
女の子だから可哀想に思う。

オチビちゃんが落ちた公園の遊具は、
滑り台の上の側面がすり抜けた構造になっているのだ。
話では子供が何度も落ちていると聞いている。
地上から2メートルほどの高さがある。
写真があるので見て頂きたい。
suberidai

その後、いち早く動いたのはオチビちゃんの祖母だった。
つまり私の母だ。
私が訴えるまでも無く、母の話題で地元の市議会議員が迅速に動き、
どうなるのだろう・・・と見守っていたら、
市の公園管理課は、滑り台の木の傷んだ部分だけを補修しただけに留まったのだ。
正直、「何だぁ・・」と思った。
つまり、また誰かが滑り台から落ちることだろう・・
現にオチビちゃんが落ちた後日に、他の子供が落ちたと聞いたのだ。

そして今日、私は偶然にも市長に直接会えるチャンスがあったのだ。
こんなチャンスはめったにないだろう・・
その時、機転を働かせ、私は市長にこの事を訴えた。
「滑り台から何人も子供が落ちていると聞いていますので、改善をお願いします。」
蒲谷市長は、「どの公園ですか?」と2回も聞いて、「分かりました。」と言ってくれた。

市長、私をがっかりさせないでね!
スポンサーサイト

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<たまにはゆっくり星空を? | 天の川のほとりで.. | 霊界の事>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。