私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



未知の宇宙生物?
前回の話題に引き継ぐものだが、

これは私の直感で本物だと思う動画の一コマだ。
外国での出来事だが、若いカップルがハイキングだろうか?
ホームビデオでその時の様子を撮影している。
異変はこの時から始まっていた。
青い空で遠くに何かが白く光っていたのだ。
ほどなくして、そのカップルの目前に煙を吹いた隕石?
が突如落下してくるのだ。
一昨年の例の番組で初めて紹介されたものだ。
ご存知の方もいるかもしれない。
去年の暮れにも短く編集されたものが、
エドガー・ミッチェル氏のインタビューの話題の中で再び登場したのだ。
ホームビデオの撮影日は、2005年の2月14日、となっている。
丁度バレンタインデーだ。
去年のお正月頃に私が親しい友人にこの事を話すと、
「作り物だ」と言って疑った。
たいがいの人はそのような反応だろう。

だけど・・私にはそうは見えない。
カップルの撮影が自然体な流れで、やらせや作り物だと思えないのだ。
短く紹介すると、隕石の落下・・
女性の声で「オーマイガー・・」
inseki
地上に衝突した時の衝撃波の影響だろうか?
この時だけ映像が全体的に乱れる。
inseki2
カップルの女性が前に映っている。
撮影しているのは男性だと思われる。
inseki3
今度は男性が目の前に落ちた煙のおさまった隕石?に近づく。
撮影は女性が交代したようだ。
inseki4
撮影の女性が男性を気にして名を呼ぶ。「スコット!」
何かが隕石の陰から非常に早いスピードで飛び出し、
inseki5
男性の頭部を目掛けてしがみ付く。
未知の生きもの、は動物的感覚だと思うが、的確に相手を狙う。
緑色をしていて、何だかぬめり気があるようだ。
見た事が無い生きものだ。
inseki6
男性が身体を捩じらせ、地面に転げてしまう。
女性がふいに持っていたカメラを落としてしまう。
こいつは、男性の頭部からなかなか離れない。
女性が男性の名をしきりに呼びながら、悲鳴を上げる。
inseki8
この撮影の仕方は、素人ならではだ。あくまでも自然体なのだ。
やらせの撮影の仕方では無い。
命に危険を感じてこうなったのだと推測する。
未知の生きものの唸り声まで聞こえてくる・・
男性がもがいて動かなくなった後、未知の生きものは、
カメラを落とした女性に飛びついて来た。
非常に素早い跳躍力だ。まさに目にも止まらぬ速さだ。
女性が倒れ、地面に落ちたカメラにぶつかったのだろうか?
映像はそこで途切れている。
良く見ると、彼女に跳躍する前に、
生き物の大きな光る目が映っていた・・
映像を見やすい位置に直し、黄色の円で囲ってみた。
inseki9

突然、二人の前に起きた異変は、僅か数分の出来事だ。
この撮影者は、行方不明、ということだ。
この出来事は、‘二人が命をかけた遺品’かもしれないのだ。
番組にもう少しこの話題を掘り下げて欲しいものだ。

‘エイリアン・モンスター’か・・
ただならぬ恐怖を感じた。


スポンサーサイト

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<お年寄り | 天の川のほとりで.. | 元アポロ宇宙飛行士の証言>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。