私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



可哀相な子供
混んでいるスーパー内での、
子供の広場での出来事・・

『ウエ~ン、ウエ~ン、ウエ~ン』
見ると、幼い男の子がうつ伏せになって泣いて動かない。
親は近くに居ないようだ。
すぐ近くに大人が何人も居たのだが、知らんぷり。
私は少し離れた場所から男の子の様子を伺い、
傍まで行って、話しかけた。
「どこが痛いの?」
すると男の子は身振りで手首の辺りが痛いと返事をした。
「他に痛い所は無いの?」
男の子は頷いた。
傍にその子の妹が心配そうに座り込んで居た。
話を聞くと、幼児用の滑り台から落ちたようだ。
「お母さんとお父さんは居ないの?」
と聞くと、「買い物してるの」と男の子が応えた。
男の子の妹に、名前とどこから来ているのかを聞いた。
私は近くに居た店員に訳を話した。
そうしたら、他の店員や警備員が現場に集まって来た。
ほどなくして、その子の母親とおばあちゃんらしき人物がやって来た。
幼い子から目を離してはいけない。
広場にもそのように注意書きがあるのに、保護者はそれを怠った。
私は店員さんにお礼を言われた。
「いいえ」と私は応えた。私にとっては当たり前の行動だ。
だけど、現場に居た、その他大勢の大人たちの無関心さに呆れる・・

男の子の母親は子供を抱えてその場を去った。









スポンサーサイト

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<元アポロ宇宙飛行士の証言 | 天の川のほとりで.. | 世界大恐慌の到来..>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 天の川のほとりで.. |