私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



親なんていつまでも元気でいてほしい・・と思っていた。
命が危なくなった時、始めて知った命の重さ。
他人が死のうとそれほど心は痛まない。
これだけ大事な人の命は重いんだ・・と感じた。

幸い命は取り留めた。
死ぬんじゃないかと数日気が気で無かったが、今は元気な様子。
素直にホットしている・・
それでも、今までとは違う制限があるが・・
父の為に出来なかった事を今ようやくやり始めている。
もう何があってもおかしくない年齢なのだ。

私はテレビドラマの主役になったような感覚を先日味わった。
私の周りが目まぐるしく動いて行く。






スポンサーサイト
別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天の川のほとりで.. |