私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



フォボスのモノリス?(その2)
その前に宇宙をまず実感したいと思います。
地球の隣の火星には2つの衛星があります。
フォボスとダイモスです。
今回の話題は、そのフォボスにあります。
NASAの火星探査機MRO(マーズ・リコナイサンス・オービター)が
撮影した、フォボスからの距離6800Km付近の画像です。
fobosu

その火星の衛星、フォボスの地表のある箇所に
monorisu1
バズ・オルドリン氏の言う‘モノリス’が存在するというのです。
モノリスは、映画「2001年宇宙の旅」で登場する神秘的な物体です。
解像度の高い気になる画像を探し、海外のサイト
(http://www.abovetopsecret.com/)で、ようやく見つけました。
上にある赤い円の付近の拡大画像です。↓
monorisu2
これだと分かりづらいので、90度右に回転させ、
更に拡大したのがこれです。↓クリックしてみて下さい。
monorisu3
赤い円で囲ったものが、話題のモノリス?とされるもので、
それと似たような物が近くにあるので、薄緑の円で二つ囲ってみました。
比べてみると、薄緑のものは自然の岩に近いように見えます。
赤いものは綺麗な長方形に見えるので、気になります。
人工的にも見えますが、
これは実際にフォボスの地表に降りて観察しないと、
何ともいえないと思います。
科学者だったら、興味津々な物体かもしれません・・
オルドリン氏は、モノリス説を番組内で否定しながらも、
最後には、「宇宙か神が置いた」と言っていた。・・・



スポンサーサイト
別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



フォボスのモノリス?
“新年、開けまして、おめでとうございます!”。

先日の「たけしの超常現象Xファイル」、再び拝見させて頂きました。
仕事場の仲間内でも、その話題で盛り上げていました。
前半の心霊現象は、気味が悪くなるほどで、
そこらじゅうに霊が彷徨っているかのように、思います・・
あまりこういったものばかり、見たいとは思いませんでした。

UFO系映像のベスト8で気になったのは、2位の映像で、
二人の子供の傍に変なものが映り込む現象でした。
あれをひとコマひとコマ確認すると、宇宙人?では無いと思いました。
霊だと思います。私には‘身体が腐っているおじいさん’に見えました。
この霊は、子供たちの後ろで四つん這いになりながら奇妙な動きをし、
瞬間移動して消えました。
ただ、この出来事は映っている子供たちには見えず、
大人の撮影者には見えている映像でした。
撮影者は、「お化けだ、お化けだ!」と言っていたようですね。
最初に見た時は、正直笑ってしまいましたが、
冷静に判断してその通りだと思います。

番組内で一番興味を引いたのは、元アポロ宇宙飛行士の
バズ・オルドリン氏の証言です。
前回出演された元アポロ宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏は、
発言を覆すような事はしないけど、
オルドリン氏は発言が矛盾しているようですね。
でも、写真の「モノリス」?じゃないかといわれる物には
目を奪われました。
後日、絶対に調べてやるぞ!と意気込んだほどです。
でもこの画像は、NASAの公式HP内で探してもなかなか出て来ません。
画像の出所を突き止めると、
アリゾナ大学の研究チームのHPに繋がる事が分かりました。
やはりNASAと関係があります。
その画像にアクセスは出来るようですが、
非常にサイズが大きいもので専用フォーマットが無いと
開けない事が分かりました。
(・・・次に続く)

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。