私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



“ 2012 ”のレボリューション(その2)
まだ続きがある。
聖書だ。聖書の“黙示録”だ。
かなり昔の威厳ある歴史的な預言だ。

私自身に託された、“とどめの啓示”もある。
それは本家に置いてあります。
見たい人は「心して」来てくださいね。
そこへ続く「扉」はここにあります。開いてみますか?
哲学詩~BY緋月

決して2012年に来るとは限らないと・・私自身は思っているが・・
3年後かもしれないし、5年後かもしれない・・







スポンサーサイト
別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



“ 2012 ”のレボリューション
世の中が破滅に向かっているのだろうか?
気になる話題をまとめてみよう。

2012年にはいったい何が起るのであろう・・
天文的には、約2万5千8百年に一度、太陽が銀河の中心と並ぶ、
‘銀河の星列’というものが、起きるという。
太陽の方向に、私たちのいる天の川銀河の中心が重なり、
銀河の中心と太陽と地球が一直線に並ぶのだ。
その現象は、2012年の12月21日に起きるという。
これは、かなり高度な天文知識を持っていた古代マヤ文明に因む。
マヤ文明は、西暦250年から900年頃に最盛期を迎え、
その後、歴史から忽然と姿を消したという。
‘マヤの暦’は、2012年12月21日で終わっているのだ。
‘銀河の星列’で、地球の磁場が変化し、“ポールシフト”が起る可能性がある。
それが起ると、地球規模の大惨事になるという・・
この現象は、科学的根拠があり、1955年にアルバート・アインシュタインが
初めてこの説を提唱したのである。
プリンストン大学の最近の研究で分かった事は、ポールシフトは地球の過去にも
既に起きている現象であり、8億年前に北極は太平洋の中央にあり、
アラスカが赤道上にあったというのである。
これは、ポールシフトが地球の過去に度々起こり、赤道付近から現在の北極の位置に
変化したと考えられる。

2000年に亡くなった科学思想家のテレンス・マッケンナは、
過去4000年にも及ぶ中国の易経を数学的にグラフ化し、
これを‘タイムウエーブ・ゼロ’と呼んだ。
ekikyou
これは、歴史の時間軸にピッタリと一致したように上下を繰り返しながら下降して、
何故か2012年の12月21日で終わっているのだ。
易経は殷の時代から始まっている。世界で文明が始まった頃である。
マヤ暦と偶然にも日付がぴったり重なるのは、どうゆう事だろうか?
マッケンナは、この事を後になってからマヤ暦の終わりとピッタリ重なっているのを
知ったという。・・・
これを見ると、後半のグラフ線が現在の時間軸で最も下降していくのに当たり、
何とも不吉な予感がする。

2012年に世界で破滅的なことが起るであろう予言は、まだある。
インターネットで世界の株価の動向を探る「WEB BOT」の予想だ。
それが、驚く事に予想を遥かに上回る結果が出ているのだ。
不吉な予測を文章で弾き出しているそうだ。
そこでも、2012という年号が登場するのだ。
WEB BOTプロジェクトとは、1990年代後半に株価を予測するために
開発されたプログラムで、インターネット上の膨大な情報をスキャンして、
目に見えない世の中の動きや将来のヒントを見つけ出そうというものである。
このプログラムの予測には目を見張るものがあり、
“2004年12月、地震による津波で30万人が死亡するだろう”と弾き出し、
実際では2004年12月に、スマトラ島沖の地震による被害で22万5千人が死亡した。
そして、2001年にワシントンDCを襲った炭素菌テロ、
2003年にアメリカ東海岸で起きた大停電、
2005年にハリケーン・カトリーナで起きた被害も予測していたのである。
そして、あの悲惨な大事件のアメリカで起きた同時多発テロのことも予測した。
それは、2001年6月の事だった。
“60日から90日以内に国民の人生を変えるような、恐ろしい出来事が起きる”
というものであった。・・・
今現在にあたる予測としては、“2008年から2009年頃に、核戦争のようなものに繋がる
一連の悲惨な出来事があり、2012年にはその一連の大惨事がピークを迎える”という・・・
私はこれを経済破綻の事ではないか?と考えている。

アメリカ南西部に住む、最も古い種族とされる‘ホピ族’の予言がある。
“世界は4回生まれ、4回滅亡し、今回は4回目の滅亡だ”という。
私たちの世界は第5世界へ移行する、という考え方で、これにはいくつかの条件があり、
“海面の上昇や地球全体を覆う大地震、太陽の温度の上昇”などを挙げている。
そして、“世界が終わりに近づくと世界はクモの巣で結ばれるであろう”
というものである。これは、まさにこのインターネットの事であろう。
ホピ族は1940年代後半からこの予言を語り始めた・・・

そして、かの有名なノストラダムスも2012年を示唆した世界の終わりの予言を
残しているのだ。これは先に話した‘銀河の星列’の事と重なる。
彼は天文学の知識があった。

そして「2012」という映画ももうすぐ公開される。
一年なんて、忙しく過ごしている現代人にとっては、
あっという間だ。そうこうしているうちに、すぐに3年後が差し迫るであろう・・

世界の破滅を迎えた時に、どうするか、
そろそろ心の準備をして覚悟を決めて置いたほうが良さそうだ・・。
その予兆はもう既に起きているのだから・・・。
でもこれを信じるかは、個人の自由である。

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



職場の幽霊騒動
今まで気が付かなかったのに、誰かが幽霊が見えたと言い、
何人かの霊感の強い人物もそのように噂し、
かなり前からそのような話があるのだと聞き、
今までそんなの、気にしなかったのに、変なものに気になるではないか!

浮かばれない霊たちの悪戯か・・
ものすごく沢山の浮かばれない霊がこの世には存在するのだろう・・
人類の歴史を振り返れば・・・頷ける。
幽霊と語り合った事など無いし、語り合いたくも無い事だ。
強い霊感の持ち主は、私たちと同じ姿を見ることが出来るそうだ。
怖い。映像として頭に残るのは強烈だ。
職場で幽霊が現れやすい場とか、時間があるようだ。
また、天候にも左右されるようだ。

私が職場で実際に感じたのは、
誰も居ないのに、視線を感じたり、
誰も居ないのに、後ろから、落ちるはずの無い物が落ちて来たり、
誰も居ないのに、自分を呼ぶ声?(これは、幽霊騒動の話題が持ち上がる前のこと)

えぇっ~~!付き纏うのはやめて欲しい。
我々とは住む世界が違うのだ。

出来る事といえば・・浮かばれない霊が成仏しますように、と
私たちは幽霊に対して弱気になってはいけないという事である。
弱気になると付け込まれるそうな・・・
三位一体である私たちは、幽霊より遥かに完全な存在なのだ。



別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



桜の木の冬支度
公園を囲む銀杏の葉は、まだまだ黄黄として沢山付いている。
だけど、桜の木はもう冬支度を始めている。
葉は散り、木の枝は裸ん坊。
枝の先には来年の春を想わせる兆しが既にあるのだ。
硬い蕾があちらこちらに出来ていた。
sakuranoki

オチビちゃんが滑り台から落下して怪我してから、
私は折を見てオチビちゃんと公園で遊ぶようになっている。
オチビちゃんは娘だけど、まるで男の子のようにやんちゃだ。
自分よりも大きな子供に臆もせず近づくので、随分と肝がすわっている。

幼稚園に通わせてやりたいが・・・現状では、お金が無い。
入園願書をもらっても、申し込む事も出来なかった・・。
何と虚しい事なのか・・・
最近は近所ばかりで、どこにも遊びに行けない。
何度も言うが、生活するのがやっとなのだ。

「一人2万6千円の子供手当て」は当てになるのだろうか?
私の母が言うには、民主党は一回ぽっきりしか配らないよ、と言っている。
それでは、困るのだ。
私は参議院選挙にも迷わず、民主党に票を入れた。
私の提案は、伝統の児童手当を改正して欲しいと願っている。
今までの一世帯の子供二人まで一人5千円、という
みみっちい方策は廃止して、
子供の人数に関係なく一人1万円。
これくらいなら、いいだろうと思う。
高望みは禁物だ。さぁ、どうするのか?民主党よ。

北欧の方では過去に金融危機が起った時に、
まず、国の無駄遣いを削減し、学力に力を注いで国力を立て直したようだ。
子供の生活は、大人になるまで‘手厚く保障される’、という訳だ。
その事を国民に納得させた。
その一例を詳しく話すと、学校に通う事に関しては、お金が一切掛からない。
筆記用具なども全て学校の物であるのだ。
親が学校で必要な道具を買って与える必要は無い。
現実、我が国の小学校では、テスト代までもが親に請求されるお粗末さなのだ!
信じられない。

いい方策は、我が国も学び改革するべし。
我が国の学校の水準は、他国と比べると低いままなのだ。
これでは、立派な大人が育ちにくいのも頷ける。

・・・公園の片隅で大きな紙袋を置いて、
頭を抱え一人座り込む、年配と思われる男性がいた。
大不況の影響か、最近はこのような人を街でよく見かけるようになった。
それと、若いホームレスのような人だ。
格好は乞食のようである。
罪も無い人たちが住居を追われ、外でひっそり暮らすのは、おかしい事である。
罪人は刑務所で生活が出来ているではないか!

どんな時でも人は、最低限の生活は保障されるべきであると思う。
この豊かな国に居るのだから・・・。


別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。