私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



人間て・・
「人間て、なんてちっぽけなんだろう・・」

唐突にお姉ちゃんが口にした。
空を見て、地球の大きさを改めて体感したとの事。

・・うん、うん、そんな事に気が付けるようになったか・・と
しみじみ親としての心境を感じた。

最近、地球に関して人類の歴史に疑問を感じ始めている・・。
人類学上のホモ・サピエンスは、地球上だけで自然発生したのか?
或いは、ホモ・サピエンスの発生に関して、
何らかの人工的な手が加えられているのではないか?
・・・と。

多分、こんなに沢山の命に溢れ、豊かな自然に恵まれた星は、
この宇宙の中でも、たった一つであろう・・・と。

この惑星は、何者かの手によって“創られたもの”なのかもしれない・・・。
私としては、気の遠い昔から地球にずっと干渉してきた、
地球の衛星、「月」がどうも妖しい。
超古代の息吹を感じる・・・。

そー言えば、最初に月まで行ったアポロ宇宙飛行士は、
月に行く航行過程の宇宙船の中で、UFOを見ているのだ。
だが、宇宙飛行士たちはその事を地球の官制センターに伝えるべきか、
宇宙船の中で相談し、結局はその出来事を報告しなかったのだ。
無事に月から帰って来れて、めでたし、めでたし。

SETIという、地球外生命体探査というプロジェクトは、
なかなか地球外からの信号を突き止められずにいるようだ。
でも、電波受信装置を太陽方向に向けた時に、
明らかに人工的な信号が確認されたという。
でも、それは太陽観測衛星SOHOの人工的な信号だ、という事で、
結局のところは、それで片付けられてしまったようだ。
でも、本当は裏の裏であり、真実という的を得ているのだと感じる。
何故かこのような問題は、情報操作されてしまう。
‘気付かせまい’か、としてるように。・・・

確かに太陽方面では異常な現象が確認出来るが、
私はそれらを見るのが怖いので、実のところは見るのを避けているのだ。



スポンサーサイト
別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天の川のほとりで.. |