私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



笑顔
やれやれ、あっという間に2月もお終いだ。
忙しく過ごしているせいか、時の経つのが速い..

先月の終わりに職場の気の合う同僚と
近場の美術館に出掛けた。
美術館というものに出掛けるのは久々だ。
テーマは「校内作品展」だ。
以前から、同僚に美術館へ行こうと誘われていた。
私にとって、その人はとても温かみを感じる人だ。
若干年齢は離れているけど・・あまりその差を感じない。
美術館へ行ける友人が居ない・・と言っていた。
実は私もそうだった。
美術品を見るのは好きな方だ。
特に古美術に興味があるかもしれない。
でも、今回見る事が出来たのは、身近な子供たちの作品展だ。

出品の数がとても多くて、同僚と私は立ちっぱなしで
時間をかけて丁寧に作品を見て周った。
小学生はとても伸び伸びと作品を創っていたように感じた。
工夫に驚くほどの丁寧さがある。
中学生になると、雰囲気が変わる。
上手に表現出来るようになる。
気になったのが、自画像だ。
鉛筆画が多く、ほとんど無表情だ。
見ていても、漠然とした不安があるように感じる。
私は・・確か中学生の時は、自画像の作品を提出しなかったのだ。(笑
成績に影響があろうと、描きたくないものは、すっぽかした。
作品展の話に戻るが、
自画像で本当に笑っていたのは、100人中ひとり位の割合だ。
このひとりの存在に、内心、ホッとした。
それと・・気になったのは自分を傷つけていた自画像、だ。
これも100人中ひとり位だったろうか・・
現代の若者の心の訴えを感じた。

・・・
気が付いたら、もう閉館時間だった。

職場ではこの同僚に、私は明るいと評価されている。
そういえば、どんな事があっても何だかいつも笑顔になれるのだ。
沢山の人間が集まる場所なので、いい人間関係を構築している。
その全てが私の友ではないが、全てが同僚だ。
いろんな人間が居る。
以前から縁がある場所なので、普通の人より人間関係が広いのだ。
十数年後に呼ばれているように舞い戻った時、
視的感覚で不思議な時間の経過を感じた。
私がここで学ぶべき事が必ずあると感じている。


スポンサーサイト
別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



お年寄り
いつもの買い物道。
自転車で少しサイクリング気分。
いつもと様子が違うのは、お年寄りの団体だった。
凄く長~い行列になって道幅を占領していた。
行列は600m位のあったように思われる。
団体の少し後ろからベルを鳴らしても気が付かないみたいなので、
「すいません、自転車通りま~す!!」と大きな声掛けをしたら、
やっと気が付いてよけてくれたのだ。
ベルを鳴らしても、あまり気が付かない様子なので、
通る度に声掛けだ。
老人の団体に居るべき、若い引率者が居なかった。

長~い行列を通り過ぎるだけで少し疲れた。
お爺さん、お婆さんたちにはいつまでも元気でいてもらいたいものだ。
世の中が良くなるように、出来る範囲で日本を導いてもらいたい。
年寄りにはそれだけの経験と知恵があるはずだ。




別窓 | 人類について | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑



未知の宇宙生物?
前回の話題に引き継ぐものだが、

これは私の直感で本物だと思う動画の一コマだ。
外国での出来事だが、若いカップルがハイキングだろうか?
ホームビデオでその時の様子を撮影している。
異変はこの時から始まっていた。
青い空で遠くに何かが白く光っていたのだ。
ほどなくして、そのカップルの目前に煙を吹いた隕石?
が突如落下してくるのだ。
一昨年の例の番組で初めて紹介されたものだ。
ご存知の方もいるかもしれない。
去年の暮れにも短く編集されたものが、
エドガー・ミッチェル氏のインタビューの話題の中で再び登場したのだ。
ホームビデオの撮影日は、2005年の2月14日、となっている。
丁度バレンタインデーだ。
去年のお正月頃に私が親しい友人にこの事を話すと、
「作り物だ」と言って疑った。
たいがいの人はそのような反応だろう。

だけど・・私にはそうは見えない。
カップルの撮影が自然体な流れで、やらせや作り物だと思えないのだ。
短く紹介すると、隕石の落下・・
女性の声で「オーマイガー・・」
inseki
地上に衝突した時の衝撃波の影響だろうか?
この時だけ映像が全体的に乱れる。
inseki2
カップルの女性が前に映っている。
撮影しているのは男性だと思われる。
inseki3
今度は男性が目の前に落ちた煙のおさまった隕石?に近づく。
撮影は女性が交代したようだ。
inseki4
撮影の女性が男性を気にして名を呼ぶ。「スコット!」
何かが隕石の陰から非常に早いスピードで飛び出し、
inseki5
男性の頭部を目掛けてしがみ付く。
未知の生きもの、は動物的感覚だと思うが、的確に相手を狙う。
緑色をしていて、何だかぬめり気があるようだ。
見た事が無い生きものだ。
inseki6
男性が身体を捩じらせ、地面に転げてしまう。
女性がふいに持っていたカメラを落としてしまう。
こいつは、男性の頭部からなかなか離れない。
女性が男性の名をしきりに呼びながら、悲鳴を上げる。
inseki8
この撮影の仕方は、素人ならではだ。あくまでも自然体なのだ。
やらせの撮影の仕方では無い。
命に危険を感じてこうなったのだと推測する。
未知の生きものの唸り声まで聞こえてくる・・
男性がもがいて動かなくなった後、未知の生きものは、
カメラを落とした女性に飛びついて来た。
非常に素早い跳躍力だ。まさに目にも止まらぬ速さだ。
女性が倒れ、地面に落ちたカメラにぶつかったのだろうか?
映像はそこで途切れている。
良く見ると、彼女に跳躍する前に、
生き物の大きな光る目が映っていた・・
映像を見やすい位置に直し、黄色の円で囲ってみた。
inseki9

突然、二人の前に起きた異変は、僅か数分の出来事だ。
この撮影者は、行方不明、ということだ。
この出来事は、‘二人が命をかけた遺品’かもしれないのだ。
番組にもう少しこの話題を掘り下げて欲しいものだ。

‘エイリアン・モンスター’か・・
ただならぬ恐怖を感じた。



別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



元アポロ宇宙飛行士の証言
これを記しておきたい。

去年の暮れに放送された、
「ビートたけしの禁断のスクープ・・」の番組に
非常に驚かされた。
元アポロ宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏の証言だ。
kindan1
彼は、アポロが月へ行ったのは、真実だと言う。
近年になって、やらせじゃないか?などいろいろ言われていたが、
アポロは本当に月に行ったと私は思っていた。
だが、彼はミッション中に宇宙人やUFOに遭遇した事が無い、
と言っていた。
アポロ計画は、それらを調査する目的では無かったと言った。
極め付けなのが、『 ロズウェル事件の真相 』だ。
彼は子供の頃、アメリカ、ニューメキシコ州にある
ロズウェルの近くに住んでいたと言う。
彼は後に個人的にあの事件をアメリカ国防総省、「ペンタゴン」で調べ、
UFOがロズウェルの山中に墜落し、
その残骸や宇宙人を軍によって回収したのは、事実だということが分かった。
kindan2
私は彼の勇気ある行為に敬意を称したい。
これで宇宙人やUFOは実在するのか、どうなのか?・・
ずっと言われてきた事が真実となって、時代が変わる・・。そう感じた。
kindan3


宇宙人は、地球人と混ざって生活をしているという。
いろいろな種類がいるそうな・・・。
私の考えでは、地球人そっくりに化けているのだろうと思う。
そうすれば、外見だけでは宇宙人だ!!と分からない。
そして私たち地球人をかなり昔?から監視しているのだ。
こうなってくると、地球人類の誕生にも大いに疑問を感じる次第なのだ・・。

だからといって、私は地に足が着いていない考え方は嫌いなのだ。
コンタクティーといわれる人の話は信じない。
何故なら、コンタクティーは‘彼ら’に利用されやすいからだ。










別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



可哀相な子供
混んでいるスーパー内での、
子供の広場での出来事・・

『ウエ~ン、ウエ~ン、ウエ~ン』
見ると、幼い男の子がうつ伏せになって泣いて動かない。
親は近くに居ないようだ。
すぐ近くに大人が何人も居たのだが、知らんぷり。
私は少し離れた場所から男の子の様子を伺い、
傍まで行って、話しかけた。
「どこが痛いの?」
すると男の子は身振りで手首の辺りが痛いと返事をした。
「他に痛い所は無いの?」
男の子は頷いた。
傍にその子の妹が心配そうに座り込んで居た。
話を聞くと、幼児用の滑り台から落ちたようだ。
「お母さんとお父さんは居ないの?」
と聞くと、「買い物してるの」と男の子が応えた。
男の子の妹に、名前とどこから来ているのかを聞いた。
私は近くに居た店員に訳を話した。
そうしたら、他の店員や警備員が現場に集まって来た。
ほどなくして、その子の母親とおばあちゃんらしき人物がやって来た。
幼い子から目を離してはいけない。
広場にもそのように注意書きがあるのに、保護者はそれを怠った。
私は店員さんにお礼を言われた。
「いいえ」と私は応えた。私にとっては当たり前の行動だ。
だけど、現場に居た、その他大勢の大人たちの無関心さに呆れる・・

男の子の母親は子供を抱えてその場を去った。










別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。