私の視点。 この世の地球上で生きながら日々思うことの記録です。(隠された時間..)



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑



世界大恐慌の到来..
最近聞かれるようになった派遣切り、ですが、
それだけではありません。
製造関係では、正規の社員もどんどん切られています。
会社は冷たいです。
失業者は去年の後半から鰻上りで増え続け、
事実上、世の中は大恐慌の時代に突入したといっても良いでしょう・・
政府は「定額給付金」という金をばら撒くのだから・・

厚生労働大臣よ、
早急に失業者対策をして頂きたく願うものである。
“失業避難民”がぞくぞく増えるぞ。

我が家も例外ではありません・・








スポンサーサイト
別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



インフルエンザ課外授業(その4)
家族揃ってとうとう私も、家庭内でインフルエンザの洗礼を受けた。
お姉ちゃんはもう学校へ行けるが、
おちびちゃんは、金曜日に一旦元気になって、
次の日は再び元気が無くなってしまった。
多分、薬の効果があるのだろう・・
今日は熱があったので、一時止めていたタミフルを再び飲ませた。

私の場合は、去年の11月にインフルエンザ予防接種をしている。
これが、どう効くのか?当たり、外れ、があるという。
A型であれば、当たりだ。
私の場合は、風邪を引いてもめったに熱を出す事は無い。
その代わり、喉や鼻が炎症を起こす。
風邪を引いたら、苦しいだけでいい事など無い。
昨日から調子が悪いが、今のところ、風邪を引いたときと変わりない。
明日は出勤出来るか、様子見中・・。

次の日は、出勤。
普通の風邪症状のように軽く済んだ。
だけど、体力使って疲れてもうた・・




別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



インフルエンザ課外授業(その3)
さて、その後の経過だが、
おちびちゃんは今日はいきなり元気になった。
いつも以上に食欲もある。
薬の効果もあったのだろうか?
調子がいい時と悪い時と、幼い子供は様子が随分はっきりしている。
お姉ちゃんのほうがまだ少し後遺症のようなものを引きずっている。
ようやく今日は、一日を通して平熱だ。
おちびのほうが微熱があっても良くなるのが早いようだ。
何せ、日頃は家の中で暴れまわっているくらいだから・・(笑

夕方にお姉ちゃんのクラスメートの友達が
学校関係の書類を届けてくれた。
学校に出向いて取りに行こうと思っていたのだが・・
とても有難い行為だ。この行為は小学生までで、
何故か中学生になるとこの行為は失われる・・
小学校の時と違い、先生との連絡もサバサバしてくるようだ。

中学生というと、私が覚えているのは、何か殺伐としたものがある。
私の時代は、学校では不良が流行り荒れたものがあった・・。
今の時代はどうなのだろう?
インターネットの世界で友人に意地悪な言葉を投げかけられて
言われた方は、本気で自殺を考えてしまう若者も多いようだ。
・・これは、大きな問題だ。


別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



街の環境破壊
気になっていることがある。
南向きの大きな窓から唯一見えていた、鬱蒼とした緑が消えたのだ。
去年の夏頃異変が起きた。
このようにして・・・・
街の環境破壊1

今日撮影したのがこれだ。
街の環境破壊2

唯一窓から見えていた豊かな緑があれよあれよという間に
消えてしまい、禿山になってしまった・・・。
ここに大きなマンションを立てる計画がある。

多分、目には見えなかった沢山の生きものたちの住処であろう場所
だったところを人間の欲望で、また人間の都合だけでその住処を
破壊し、奪い取ったのだ。

これが現場近くの工事風景だ。(後日撮影)
hakai

私は家から見える景色にますます圧迫感を覚える事だろう・・
外はなんて煩雑な景観なのだ、と。美しくない。

こうしながら人間たちは自分勝手に環境開発を進めているのだ。
そういえば、この近郊の遠くに見える山の上にだって、
所々にマンション郡が建っている有様だ。美しくない。

いつか大きなしっぺ返しが来ると思う・・・

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



インフルエンザ課外授業(その2)
昨日の話しの続き・・

娘がまた38度くらいの熱を出した。
昼になるまで元気だった妹のおちびちゃんまで
どうやら移ってしまったようだ。様子がいつもと違い、熱も出た。

昨日娘を連れて行った近所の病院へ
おちびちゃんを連れて行こうかと思ったが、
丁度休診だった。なので、いつもの混んでいる小児科へ・・
はやりの病院だが、ここの先生はあまり好きじゃない。
何故かというと、親切ではなく、事務的に対応するからだ。
昨日の話しの“そこまでの人”と似ている。
忙しさもあるかもしれないが、いつもそうだ。
でも、街ではとても流行っている。
一番近くの小児科なので、仕方なく子供を連れて行っている。
「まだ症状が出たばかりで、インフルエンザの反応が出ないかもしれない」
と言い、インフルエンザの検査も行わなかった。
「お姉ちゃんのが移ったんでしょうが・・」
風邪の時に出る薬と違い、私の話だけでタミフルが出た。
「解熱剤は?」と先生に、薬を出しましょうか?という意味で聞かれたが、
「いいです。」と断った。
診察の後、フロアでおちびちゃんが嘔吐してしまい、
助手の看護婦さんがそれを見兼ねて、会計の場所で、
先生の処方した薬を気にしてくれて、
「吐き気を止める薬が無いから、もう一度先生に診察してもらって、
出してもらいましょうか?」と促してくれた。
「はい、お願いします。」と私は返事をした。

せっかくインフルエンザウイルスに有効な薬をもらっても、
飲ませて嘔吐してしまっては何にもならない・・・。
先生は子供のインフルエンザの症状を
知っていた筈なのだが?・・・
こちらが注意しないと患者に対して気が回らない先生だ。

お姉ちゃんの方は、ようやく食欲が戻って元気になってきた。
おちびちゃんは、インフルエンザのせいで食べ物を受け付けず、
今日は滝のように嘔吐した。
今は病気と闘っているところです。










別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



インフルエンザ課外授業
娘が風邪を引いたようだった。
一週間前に熱を出し、学校を一日休んだ。
でも次の日にすぐ良くなった。
その時よりも、今日は症状が重いような感じだ。
もしかしたら、インフルエンザ?じゃないかと思った。
すぐ近所の病院に娘を促し連れて行くと、
先生の所見は、まず、風邪から来る胃腸炎じゃないかな?
と言っていた。
用心のため、インフルエンザの検査をその場でする。
すると、強力なA型のインフルエンザが出た、と教えてくれた。
その見方も教えてくれた。
症状だけでは医者も判断しかねるんです、と言っていた。
症状から見た判断が実際と違うことがあるんです、と・・
娘の症状は、昨日の夕方頃?に微熱を出して、身体がだるいと言い、
今日は熱が38度以上に上がった。苦しがっていた。
夕方には平熱に戻った状態だった。・・・
インフルエンザは、一般的に何日か高熱が続くと言われている。
にもかかわらず、娘はインフルエンザの予防接種を受けていないし、
インフルエンザ、というより、風邪のような症状だ。
でも、その正体は、猛威を振るうインフルエンザなのだ。

なので、インフルエンザにかかっているかどうかも
分からないような人たちが街中に少なからずいる可能性もある。
そうしてウイルスがばら撒かれて移ることもあり得る。

先生は、処方箋の薬として一時TVのニュースで問題になった
「タミフル」を勧めた。
何故かというと、ウイルスに効く薬は無いけど、
インフルエンザウイルスの増殖を唯一抑える事が出来る薬だからだ。
「国は使用を禁止している薬ですが、
異常な行動を起こすなどの因果関係はまだ分かっていません。」
「タミフルは、インフルエンザを早い段階で叩く事が出来ます。」
「薬を使わなければ、症状が重くなってしまうことも考えられます。」
「うちの病院では、その薬を患者さんに出していますが、
危険な症状が出た例は一度もありません。」
「解熱剤だけを出すような事はやってはいけない事なんです。」
・・・などなどの詳しい説明を受けて、私はタミフルの使用を承諾した。

一般の薬屋さんへ医師の処方した薬をもらいに行くと、
『インフルエンザウイルスを除去する消臭剤』、
『病院でも注目』などと謳った品物が目に付いた。
ある店員さんにこの薬の事を聞くと、その人はこれを勧めず、
いろいろな説明をしてくれた。
(薬の説明云々・・・)
「インフルエンザの症状が出て高熱が出るのは、
インフルエンザのウイルスを殺すためです。」
「洋食は身体を冷やすんです。コーヒーやパンもそうです。」
「コーヒーの原産国は暑く、その国の食文化は
身体を冷やすための効果があるんです。」
「日本では和食ですが、和食は根菜類などを使い、
身体を温める効果があるんです。」
「その土地に合った食文化があるんです。」
「インフルエンザが何故この時期に猛威を振るうかというと、
乾燥しているからです。インフルエンザウイルスは
熱や湿気に弱いんです。」
(薬の説明云々・・・)
「常に加湿器を部屋の中で使っていれば、
この薬と同じ効果があります。」

まさか、そこまで説明をしてくれるとは思わず、
その店員さんに、「勉強になりました。」と、頭を下げてお礼を言い、
買おうかな?と思った薬を買わずにその場を去りました。
普通は、薬の置いてある場所を教え、客側がそれ以上に
質問しなければ、そこまでの人ばかりです。

本当の意味で、親切な人に接すると気持ちが良い。
世の中こんな人が増えると未来が明るい。
実際は逆なのだが・・・。













別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



Y染色体の劣化
NHKスペシャルではシンクロするように、Y染色体の話題が出た。 
なんと、この染色体は劣化の一途を辿っているのだ。
ある研究者の話によると、Y染色体が、 
後500万年くらいで無くなってしまう計算なのだ。 
なんという事だろう・・・。 
同時に危惧されている事は、人の精子の劣化が進んでいる、
という事実だ。 
なんという事だろう・・・ 
 
女性が受け継ぐX染色体は、一つが傷が付いても、 
もう一つ同じX染色体があるので、修復する事が出来るが、
男性が受け継ぐY染色体は、一つしかないので、 
修復が出来ないのだ。現在ではその大きさが、 
X染色体よりも小さくあるのだ。 
なんと事ことだろう!・・・ 
尚、X染色体は、親同士の一つづつを受け継ぎ混ざり合うので、
X染色体で、血筋を遡る事は困難なのだ。
 
ところで、人間に近いとされるチンパンジーの精子は
人と比較にならないほど、とても元気なようだ。 
チンパンジーの群れの雄は複数の雌と交尾し、 
また雌もそうなのだ。 
なので、子孫を残す競争が激しく、その結果 
元気な精子が生き残り、受け継がれて来たらしい・・ 
人の夫婦関係はそうじゃないので、 
劣化してしまったのだろうか?・・・ 
 
別のケースとしては、ネズミの種類で、
既にY染色体が無くなってしまい、いわゆる突然変異の雌?だけで 
日本で生息し、生き延びている種があるという・・ 
 
これは、人類の未来の重要な課題だ。 
 

..2009/01/19(月) 01:56 No.2485

〔時間は逆流するのだが、本家にまだある“天の川交流界”に、
 私が年初めに記録したものを残して置きたく、こちらへ移します・・・〕
関連:ミトコンドリア・イブと染色体・アダム(1月2日記録)

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



世界大恐慌の再来か?
急に世の中がおかしくなって来た。
事態は経済を直撃し、加速度を増している。

アメリカの抱える負債額は5500兆円とか・・・
2007年のサブプライムローン問題が起きて以来、
世界をも巻き込んで、だんだん経済がおかしくなって来たようだ。

日本で目に見えることと言えば、去年の石油高騰に始まって
物価があらゆる面で上昇し、現在はあまり下がる様子は無い。
そして、株価は下がる一方、金融危機だ。
そして、雇用は一方的に切られ、
自動車産業などの製造業では休業が相次ぎ、
かつてない異常事態が起っているのだ。

私の家庭もその煽りを受けているのが現実だ。
私の家庭では、一昨年が経済的に大変な年になったので、
苦しい状況を一切お金も借りずに何とか乗り越えて来ているので、
今年は無駄な出費を控えて、再び切り詰めの家計となるだろう・・。
そして更なる労働だ。

苦しい時に、まず、大事なのが食。
食べていられれば、最低限でも生き延びる事が出来ます。
家には育ち盛りの子供がいるので、食費を削るのは至難の業です。
ですから、その他の無駄な出費の家計の見直しをします。
それでも出費を上回ってしまうようなら、
収入を得られるように頑張るしかありません。
借金はしない方がベストです。

私はそのように実行に移します。

あなたの家庭は大丈夫ですか?
家族の長たる者、家族を第一に考え、賢く生きていきましょう。




別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



銀河鉄道999
「 たった一つしかない限りある命を大切にしなさい 」

銀河鉄道999の劇場版に登場する、クイーン・エメラルダスの言葉だ。

この映画を子供の頃に母と一緒に見に行った。
当時は大人気のアニメで、映画館の外に長蛇の列が出来ていて、
私も並んだ記憶がある。
場内は、座る場所もほとんど無く、立ち見が多かった。
私は後ろ側の間に一つしか空いてなかった席に座り、
母は後ろの方で立っていた。

最近は地上デジタル放送で久々に見ることが出来た。
タイムスリップしたように、懐かしく感じ、逆に新鮮だった。
今のくだらないTVアニメーションと比べると
物語のクオリティーが遥かに高いように感じる。

“機械化人間”が登場し、何だかこの先の未来を髣髴させるような・・
非常に感慨深くある。

クイーン・エメラルダスの言葉に心を打たれた。
今の若者に伝えたい言葉である。

別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑



人類滅亡?
「地球が静止する日」を観た。
ひつの日にか“終わりの時”が迫り来るのを感じながら・・・

私たち人間が「駆除」されるのは、私たちで決めている事なのだ。
私たち地球人類のして来た行いそのものが、宇宙の意識に問われ、
そして宇宙から駆除される原因を作っているのだ。
でも人間にはとって置きの側面がある。
それを言葉で言い表すなら、「愛」だ。
人の心を動かし、とてもかけがえのない、
人として存在しうる美しさを表す貴重なものだ。
生き残ろうと一縷の望みを賭けたラストシーンだった。

今、しきりに“アセンション”という言葉が流行っている。
何故だろう?

地球が静止する日のシーンで語っていた事だが、
人間は窮地に追い込まれると、変化するのだと言う。

巨大大津波、巨大UFO、そして都市破壊、
異星人による地球人類の殲滅。
いくつかの映画作品にも見られるように、
ばらばらになってシンクロするように世に出て来た。
これらは決して偶然の産物では無いのだ。
クリエイティブな人たちは、時に鋭いインスピレーションを轟かせる。

『 気をつけなさい、これは真実であり、警告である 』 と、
自らの心と魂に戒め、囁きかけてくるようだ。
しかしながら、本当にそんな事が起るのか?と
正直に疑問に思うのも事実なのだ。

或る人との出会いが、私に、唯一であろう未来の時の警告をした。
簡単に言うと、「大いなる神様」からのご神託を告げられたのだ。
それは今から5年前の頃だった。
それ以来、私の意識が180度変化してしまった・・
何故そんなとんでもない事を信じられるのか?
信じる根拠は何か?自分自身にいつも問いかける。

そこには「愛」があるからだ。・・己でひしひしと感じるからだ。

だからこそ、「人類」という非常に重いテーマが、
私の肩にのしかかる・・・

それが正しければ、「新人類宇宙哲学」を発表(2003年9月)して以来、
時は今も尚どんどん過ぎて行き、残された猶予はあと数年なのだ・・。

誰も私の話を気に留めないようだが・・・私はここに記す。
そう、大勢の人類はまだ気付いていない。
だから、大勢の人々に突然のように事態が襲い掛かるのだ。


別窓 | 人類について | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑



ミトコンドリア・イブと染色体・アダム
〔時間は逆流するのだが、本家の消えた掲示板に、
 私が年初めに記録したものを残して置きたく、こちらへ移します・・・〕

「ミトコンドリアは女性からしか伝わらないため、 
 男性は自分のミトコンドリアDNAを後世に残すことが 
 できない。また、女性は自分が産んだすべての子に 
 ミトコンドリアDNAを伝えるが、その子らがすべて 
 男性だった場合、彼女のミトコンドリアDNAは孫に 
 受け継がれずに途切れる。もし子に女性がいても、 
 娘が産んだ孫に女性がいなければ、やはりその家系の 
 ミトコンドリアDNAは廃れる。つまりある個人の 
 ミトコンドリアDNAが子孫に伝わるためには、 
 その間のすべての世代に少なくとも1人は女性が 
 産まれなければならない。                 」 
(ウキペディア・フリー百科事典より抜粋) 
 
近年はこのような事を一人感慨にふけったものでした。 
そうしたら、シンクロするように日頃思っていた事が 
現実となって現れて来るようです。 
どこかで、想う意思が見えないところのネットワークで 
繋がりを持つような気がします。 
 
私の血筋はどうか?辿れます。母、母、母・・・ 
気の遠くるような時間を遡って人類が産まれた頃に 
辿り着けるはずです。 
現在の説としてはミトコンドリア・イブとして20万年前頃に 
生きていたとされる、一人のアフリカの女性に辿り着く 
ようですが・・ 
その時代に生きていた女性は、一人とは限りません。 
 
とりとめもないようで、私の確かめたいこと・・

次にY染色体・アダムについてです。

「父親から息子にのみ伝わるY染色体を用いた 
 ミトコンドリア・イブと同様の検討によっても、 
 ほぼ同じパターンが確認された。 
 これはY染色体アダムと呼ばれることがある。 
 Y染色体アダムは6万年前頃に生存していたと 
 見られるが、当然のこととして 
 ミトコンドリア・イブの夫である可能性は無い。」 
(ウキペディア・フリー百科事典より抜粋)
 
つまり、早い話が女性の場合は、母親を遡っていけばよく、
男性なら父親です。 
子には必ず父と母がいるからです。 
 
ミクロの世界で、生命の秘密が隠されていそうな気がします・・。 

..2009/01/02(金) 23:53 No.2482




別窓 | 人類について | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 天の川のほとりで.. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。